初の北海道旅行♪美味しいものたくさんでハッピー

先月、私は友人と二人で、北海道に5泊6日で旅行に行きました。
私たちは初めての北海道だったのでとてもワクワクでした。
1日目?3日目までは札幌に滞在し、
レンタカーを借り友達の運転で4日目は支笏湖、5日目は美瑛にて観光を行いました!
札幌では地元民オススメの札幌ラーメンを食べに行ったり、
スープカレーを食べたりと美味しいものをいっぱい食べました!
中でも「イクラ」が普段食べているものと全然違ったので本当に驚きました!
美瑛と支笏湖は主に景色を堪能しました!
家族と職場へのお土産には、やはり定番の「白い恋人たち」とロイズの「ポテトチップチョコ」を買いました。
私はこの2つがとても好きで、物産展などがあると良く買いに行きます。
それにしても、やっぱり北海道は自然が豊かですね!
行ったのが秋口だったので気候もとても過ごしやすく、
また是非行きたいと感じた大満足な旅行でした!
今度は道東のほうへ旅行して、温泉巡りをしたいなぁと思っています。ロスミンローヤル クーポン

久しぶりに夫婦で天然温泉スパに行ってきました

久しぶりに夫婦2人だけで天然温泉のスパに行ってきました。
普段は子供がいてなかなか温泉に行くということも出来ないですし、2人だけで出かけるというのもとっても久しぶりです。
寒くなってきたので、温泉にはピッタリの季節ですね。
こんなにのんびり過ごすことが出来たのはいつ振りかわからないくらいで、すごく幸せな時間でした。
我が家はアパートなので、浴槽がすごく小さいんです。
毎日お湯には浸かっていますが、やっぱり脚を伸ばしてはいるお風呂は全然気持ちが違いますね。
サウナに入ってしっかり汗もかいてきました。
サウナはあんまり強くなくて長くは入っていられないんですが、サウナの中で流れていたテレビがちょうど大好きなドラマだったので、どうしてももう少し見たいと思ってしまって入りすぎてしまいました…
あれはかなりの誘惑ですね。
大好きな岩盤浴にも入れて、なんだか少しだけ女子力が上がったような気持ちになれました。
ただ1つだけ、夫婦やカップルでこういうところに来るとずっと別行動なので、ちょっと寂しいですよね。
次は一緒に楽しめるところに出かけたくなっちゃいました。マツモトキヨシ 葉酸サプリ ベルタ

誰がまともなのか、そうでないのかわからなくなります

孫に学費を付加できるお年配など、大衆にはいないのかもしれません。それこそ、その系統を作った輩には、福利があったのかもしれないだ。都内の年配とは違い、生まれ故郷の年配はお金がありません。我が家を守り抜き続けて、外部で働いていないからだ。贈与する輩は少ないのではないかと思います。
事情があって、ぼろ自宅に避難していますが、自動車はうちに置いていて、ときには訴えるとうことがあります。ついつい、自宅の前に駐車すると、向かいの新しい自宅から、ごカップルが出てきました。50料金だ。女は今期買ったであろう日傘をさして、百貨店にでも出向くのでしょうか、仲睦まじいだ。
但し、ねたみではありませんが、50料金で、自宅だ。うちのように、傍らからの意地悪もないでしょう。定年族なのでしょうか。おとな風の単独子供もある。古そうな自動車も近くのモータープールをかりているようです。こうなると、誰がまともなのかわからなくなります。http://www.itolosa.co/tudo-barai/

溢れかえった物に押しつぶされはしないかと毎日戦々恐々です

家は物で溢れかえっています。
いつか整理しよう、処分しようと思いつつ手を付けていません。
以前は、引越しを多くしていたので、その度に処分していました。
でも、もう引っ越すこともないので、時期を見て処分しなければなりません。
気が付くと、二階に物を移すだけで、その二階から荷物が動くことがありません。
だから、いつか2階の床が抜け落ちるんじゃないかと恐れています。
物置があればいいのですが、置く場所がなく、スキー板や靴が家に散乱しています。
設計上、物置を置いてしまうと車が駐車できなくなるんです。
物置がないのが結構痛いのを今になって痛感しています。
古着も処分したいと思いつつ、そのままです。
最近、思いついたのが写メで残す方法です。
思い出のものがなかなか処分できずにいましたが、写メで残しておけば、思い出はそのままで、処分できます。
スマホに残したままにせずにパソコンに移す作業は多少面倒ですが、物に押しつぶされる必要もなくなるので、これから整理がてら写メに残そうと思っています。銀座カラー 予約 全身脱毛 キャンペーン

自分で餃子を作りあげる一瞬、皮もマテリアルもどちらが余っても合格

餃子はもちろん自分で作ります。
でも断然計量とめるので、作っていると皮か用具のどちらかがとにかく余りますw
勿論余っても全く問題ありません。
皮が余ったら、フライパンで単に焼きます。
するとせんべいのようにどんどんの舌ざわりになるんです。
味付けはほとんどしなくても美味しくて、焼くと直ちにお子様が食べちゃいる。
一方の用具は、長々使えますが、うちは炒飯の用具に行なうことが多いです。
餃子と炒飯、大層中華定食ですね。
用具の余裕だけだと餃子ともろか振りなので、違う野菜なども適当に混ぜて炒飯にするといいです。
このようにどちらが余っても問題ないので、用具を考えるシーン肉も野菜もなんにも計量せずズボラな通りなわけです(汗)
道楽でもすむほうが、気軽に手づくりできますから、総合的にはいいと思っています。
これがきっちり作らないといけないって思うと、支障になって販売に任せたくなっちゃいますからね。
適当に作って、余った根源も適当に処分できるというのが、嫌がらずに手づくりを続けられるポイントです。背中 脱毛 ミュゼ

2017年9月28日木曜日フリーランス日記

今日は午前中にライティングの仕事をして午後からアルバイト先の研修に行きます。
ポスティングの仕事は明日することにして、ライティングの仕事をしています。
今日は天気も悪いし丁度いいのかなというのもあり、ライティングの仕事だけにしてあとはアルバイトの研修と空いた時間にFP3級の受験勉強に充てようかなと思っているところであります。
時間があるときに勉強しないとこれから忙しくなるので、なかなか勉強時間が取れないという状況になってしまうので空いた時間に勉強するというスタンスを持つ必要があるのかなという気がします。
もちろん仕事の幅も広げたいという思いで始めている勉強なので、そういう意味ではやらされ感は無いです。
なので、少し早くアルバイトの研修会場に出かけて現地のカフェなどで勉強しようかなと思っているところです。
その前に午前中の大雨で電車が動いているか気になるところでもあるのですが、これからお昼ご飯を食べてからアルバイトの研修に出かけたいと思います。アリシア 予約

尊敬する上司のために起こしたハンガーストライキ

どこにでも気前がいい人っていますよね。
私が大学を卒業して就職した会社の上司にも、そんな気前のいい人がいました。
気前がいいというよりは面倒見が極めてよく、細かいことを気にしない豪快な人でした。
お金があまりない新入社員のために昼食や夕食を奢るのも常のことで、仕事柄終電がなくなる時間に終業することも日常茶飯事だった私たちにタクシー代を出してくれたりと、何かにつけて面倒を見てくれたのです。
その上司がここまで部下のためにお金を使えたのは、私達の会社の規模が小さく、社員数も少なかったことも理由の1つだったとは思いますが、上司がここまでしてくれているのだからと、その上司のために必死で働く新入社員が多かったことだと思います。
つまり、人心掌握の手段だったということです。
しかし、理由はともあれ、私達の会社は、その上司と上司のためなら身を粉にして働くことも厭わない社員たちに支えられていたのです。
実際、社長がその上司を解雇した時、そのことに憤慨した社員たちは一斉退職という手段で抗議したのです。
「俺達のことを分かってくれる上司のいない会社で働く気はない」
とでも言わんが如きでした。

フィルム「殿、利子でござる」をカミさんといった見に行きました。

今日は東宝シネマにカミさんとDVDを見に行った。
標題は「殿、利率でござる」だ。
前は年よりは千円であったのに。1100円になっていた。
DVDを見分けるのは何年齢振りだろうか。
ちょっと前に着いたので、ホットドッグというアイスコーヒーを頼んだ。
それを食べて中に入る。
上映期間が2期間くらいなので、前に便所をめぐっておく。
中は女性の方が多かった。

これは仙台藩の宿場スクールの実在のコメントです。
層は1750年齢ぐらいのコメント。
苦しい年貢で宿場の人たちは困っていた。
一際伝馬といって、役人とかその持ち物を運ぶのが宿場の効能です。
これがほんとに費用がなるのだと。
そのとき京都から嫁を連れて帰ったお客様がなんとかしなければって。
そこで仙台藩の殿さまに費用を貸してその利率で伝馬の費用を賄えようとしたのだ。
その金額が1千両。昨今の費用に換算すると3億円だと。

ヤバイ金額です。
これを業者を中心に集めるのだ。
何年もかかってついに集まった。
なので肝いりという世話人にコメントを通し、一段と大肝いりにもコメントにおいて、多事多難があったが、ようやくコメントが付いた。
次いでその利率で伝馬の費用が何とか賄えたという実話です。
そもそものコメントの幕開けは仕組酒屋の父さんから始まったコメントです。
それがちびっこに行き渡り、ついに実現したという物語だ。

昔も今も税金は辛いということですね。
大衆の見識には感心しました。
仕組酒屋は今でもあるとか。即日融資キャッシング

少しずつ痩せて行くために見込める対応

減量ってスタミナ会得を兼ねてジョギングをしていますが、それも今やかなりの期間する。
冬には何回かマラソンフェスティバルにも出るようになって楽しめるようになってきたのですが、この春は花粉症が酷くて全然走り回ることができません。
原則温かくなって清々しくなるので普段で走れるのですが、今年は、鼻水という瞳の痒み、ひいてはスキンまで痒く変わるので、ちょっと怖くて外に出ることができませんでした。
でも、最近、久々に歩きをめぐってみたら何も現象無く面白く走れてきましたので、これからはまた、秋や冬に始まるマラソンフェスティバルに向けてジョギングの数を増やしていこうとしていらっしゃる。
走る時は、最初はむしろしんどくなって来るのかという気持ちで動き出しますが、走り出してしばらく経つと清々しくなりますし、帰ってきた時折喜びに襲われますので、喜びがあります。
さぼっていた時で大層体重が増えてしまったので、ここから少しずつ痩せこける身体を作りあげる真意だ。