自分で餃子を作りあげる一瞬、皮もマテリアルもどちらが余っても合格

餃子はもちろん自分で作ります。
でも断然計量とめるので、作っていると皮か用具のどちらかがとにかく余りますw
勿論余っても全く問題ありません。
皮が余ったら、フライパンで単に焼きます。
するとせんべいのようにどんどんの舌ざわりになるんです。
味付けはほとんどしなくても美味しくて、焼くと直ちにお子様が食べちゃいる。
一方の用具は、長々使えますが、うちは炒飯の用具に行なうことが多いです。
餃子と炒飯、大層中華定食ですね。
用具の余裕だけだと餃子ともろか振りなので、違う野菜なども適当に混ぜて炒飯にするといいです。
このようにどちらが余っても問題ないので、用具を考えるシーン肉も野菜もなんにも計量せずズボラな通りなわけです(汗)
道楽でもすむほうが、気軽に手づくりできますから、総合的にはいいと思っています。
これがきっちり作らないといけないって思うと、支障になって販売に任せたくなっちゃいますからね。
適当に作って、余った根源も適当に処分できるというのが、嫌がらずに手づくりを続けられるポイントです。背中 脱毛 ミュゼ